用語集

一般の

バイリンガルコースとは、二つの言語で指導されるコースのことです。すべての生徒は、日々の瞑想の指導を二つの言語で聞くことになります。夜の講話は、別々に聞くことになります。

古い生徒とは、S.N.ゴエンカ氏、またはそのアシスタントの指導による十日間コースを修了した方のことです。古い生徒は、上記のコースでダンマの奉仕をすることができます。

合宿コースは寄付のみによって運営されています。 すべての経費は、コースを修了し、ヴィパッサナーから恩恵を受けた人たちの「他の人たちにもこの機会が与えられるように」との思いから行う寄付によってまかなわれています。指導者もアシスタント指導者も、報酬は受けません。コース奉仕者同様に、ボランティアで奉仕を行っています。そうすることで、ヴィパッサナーはいかなる商業主義にも侵されず、伝えられています。

瞑想コースはセンター及びそれ以外の施設で開催されています。瞑想センターとはコース開催のみを目的とした施設で、年間を通して定期的にコースが開催されています。この伝統の瞑想コースのための施設が設立される前はキャンプ場、宗教リトリート施設や教会などを利用して開催されていました。現在、その地域に住むヴィパッサナーの生徒によってセンターが設立されていない地域では、十日間コースはセンター以外の施設で開催されます。


コースタイプ

一日から三日間の短期コース は、S.N.ゴエンカ氏、またはそのアシスタントの指導による十日間コースを修了した古い生徒が対象です。 古い生徒は、これらのコースの参加に申し込むことができます。最後のコースから時間が経っていても構いません。

十日間コース は、ヴィパッサナー瞑想の入門コースです。瞑想法はコース期間中、毎日段階を踏んで指導されます。コースは初日午後2〜4時のコース受付とオリエンテーションの後に始まり、10日間の瞑想を経て、11日目の午前7時30分までに終了します。

エグゼクティブ十日間コース は、特に管理職に就く会社員の方及び公務員の方に向けた、ヴィパッサナー瞑想の入門コースです。瞑想法はコース期間中、毎日段階を踏んで指導されます。詳しい情報は、 エグゼクティブコースウェブサイトをご覧ください。コースは初日午後2〜4時のコース受付とオリエンテーションの後に始まり、10日間の瞑想を経て、11日目の午前7時30分までに終了します。

特別十日間コース は、このテクニックに専心し、十日間コースを5回、サティパッターナスッタ・コースを1回、少なくとも十日間コースの奉仕を1回、また、2年間以上毎日ヴィパッサナーの実践を行っている、真剣な古い生徒のみに開かれています。

Special 10-day Courses are open only to serious Old Students committed to this technique who have completed a minimum of five 10-day courses, one Satipatthana Sutta course, given Dhamma Service at least one 10-day course, and have been practicing regularly for at least two years.

二十日間コースは、 このテクニックに専心し、十日間コースを5回、サティパッターナスッタ・コースを1回、少なくとも十日間コースの奉仕を1回修了し、また、2年間以上、毎日ヴィパッサナーを実践している、真剣な古い生徒のみに開かれています。

三十日間コースは、このテクニックに専心し、少なくとも十日間コースを6回(最初の二十日間コースを取ってからの1回を含む)、二十日間コースを1回、サティパッターナスッタ・コースを1回修了し、また、2年間以上、毎日ヴィパッサナーを実践している、真剣な古い生徒のみに開かれています。

四十五日間コースは、少なくとも十日間コースを7回(最初の三十日間コースを取ってからの1回を含む)、三十日間コースを2回、サティパッターナスッタ・コースを1回修了し、また、3年間以上、毎日ヴィパッサナーを実践し、ダンマの奉仕に係わっている人々及びアシスタント指導者のみに開かれています。

六十日間コース は、ダンマの奉仕に深く係わっている人々及びアシスタント指導者のみに開かれています。参加要件としては、少なくとも四十五日間コースを2回修了し、5年間以上毎日ヴィパッサナーを実践していること、また、1年間以上、殺生をしない、性的な過ちを犯さない、酒や麻薬類を摂らないことを守り、その他の戒律についても各自の能力において最大限守る努力をしていること、最後に受けたコースから6ヶ月以上の間隔をあけていること、そして、長期コースとその他のコースの間に10日間の間隔をあけていることが求められます。

子どもコースは、瞑想を学びたいと希望する8歳から12歳までのすべての子どもたちに開かれています。子どもたちの両親や保護者が必ずしも瞑想者である必要はありません。

古い生徒向けプログラムは、 ワークデー に似ています。ここでは、センターのさまざまな奉仕作業(メンテナンスや工事、家政や園芸のプロジェクト)を行うほか、 より盛りだくさんのプログラムが用意され、アシスタント指導者と面談する機会や、小委員会やトラスト委員の会議が開かれることもあります。 すべての古い生徒 の参加を歓迎します。毎日のプログラムには、3回のグループ瞑想(朝、午後のワーク時間、晩)と、S.N.ゴエンカ氏が古い生徒に語った特別な講話を聴く機会があります。

オープンデーは、瞑想コースの合間に開催されます。センターを訪れ、ヴィパッサナー瞑想について知りたい方を歓迎します。

サティパッターナスッタ・コース は、通常の十日間コースと同じ時間割や規律を守って行われます。通常のコースと違う点は、夜の講話でサティパッターナ・スッタについて講義されることです。サティパッターナ・スッタは、ヴィパッサナーについて順序立てて説明している主要なテキストです。このコースは真剣にヴィパッサナーを実践する生徒の為のもので、参加するには十日間コースを3回修了し、最後の十日間コースから別の瞑想法を行っていないこと、一年以上、毎日ヴィパッサナーの実践と五つの戒律を守ることを心がけていることが求められます。

古い生徒向けセルフコース は、十日間コースと同じ時間割と規律の下に行われます。十日間コースとの違いは、指導者がいないことです。このコースは、少なくとも十日間コースを3回、最後の十日間コースから他の瞑想テクニックを行っていないこと、1年間以上毎日ヴィパッサナー瞑想を実践していること、また、日々の生活において五つの戒律を守る努力をしている、真剣な古い生徒のみに開かれています。

ワークデーは、センターのさまざまな奉仕を行う時間があり、メンテナンスや工事、家政や園芸のプロジェクトがあります。すべての古い生徒 の参加を歓迎します。毎日のプログラムには、3回のグループ瞑想、午前と午後のワークタイムがあり、また、晩には、S.N.ゴエンカ氏が古い生徒に語った特別な講話を聴く機会があります。

10代の子ども向けアーナパーナコースは、13歳から18歳までの10代の子どもたちに開かれています。両親及び保護者がヴィパッサナー瞑想者である必要はありません