ヴィパッサナー瞑想

物事をありのままに観る、という意味があるヴィパッサナー (Vipassana) は、インドで最も古い瞑想法のひとつです。2500 年以上前にゴーダマ・ブッダによって再発見され、あらゆる病を治癒する普遍的な解決法、 生きる技として多くの人に伝えられました。 宗教を持たないこの技術は、あらゆる心の汚濁を取り除き、解脱という究極の目的を目指しています。「癒し」の目的は、単に病を治すだけではなく、人類の苦悩を取り除くことにあります。

ヴィパッサナーは、自己観察による自己変革の方法です。この瞑想法では、心と身体が互いに影響を与える深いレベルに焦点を当てます。身体の感覚は肉体の生命を形作り、同時に精神の生命と途切れることなく関わってそれを条件付けます。その身体感覚に注意を定めることで、心と体の相互作用を直接に体験することができるのです。この自己観察に基づく自己発見は、心と身体の深いレベルまでたどっていくことで心の汚濁を取り除き、愛と慈悲に満ちた、バランスのとれた心へと導いてくれます。

思考や感情、判断力や感覚を管理する科学法則は、鮮明になります。自らの経験を通じて、成長し退化するという自然の特質、苦悩を生み出し苦悩から自由になるための方法を理解します。人生は、明確な気づきを得てまやかしが消え、自らを律する力が増し安らぎに満ちたものとなるでしょう。

伝統

ブッダの時代から現代まで、ヴィパッサナーは途切れることなく指導者から指導者へと受け継がれてきました。古代インドより伝わったこの技術の現在の師は、ビルマ(ミャンマー)で生まれ育った S.N. ゴエンカ師, です。ゴエンカ師はミャンマーにおいて、政府高官であったサヤジ・ウ・バ・キン師よりヴィパッサナーを学ぶ機会に恵まれました。ウ・バ・キン師より 14 年間の指導を受けた後、ゴエンカ師はインドに移住し、1969 年よりヴィパッサナーの指導を始めました。インド全土において、あらゆる人種および宗教を超え、多くの人たちに瞑想法を伝えました。ヴィパッサナー コースへの需要の高まりを受けて、師は1982 年よりアシスタント指導者の指名を開始しました。

コース

瞑想法は、十日間の合宿コースで学ぶことができます。参加者は 行動規律, に従い、瞑想法の基礎を身につけ有益な結果を経験するために、修行を効果的に行います。

コースでは、真面目に、そして熱心に修行に取り組む必要があります。修行には 3 つの決まりがあります。最初の段階は、コース期間中は五戒(殺さない、盗まない、性行為を行わない、嘘をつかない、麻薬類を摂らない)を守ります。このシンプルな行動規律を守ることで心は穏やかになり、自己観察を集中して行うことができます。 次の段階では、 止むことなく鼻腔に入っては出て行く、変化しつづける呼吸の流れという自然の現実に注意を集中し、心を制御する力を高めていきます。 4 日目になると、心はより穏やかに集中され、ヴィパッサナーの修行に入る準備ができます。身体の感覚を観察し、その性質を理解し、反応を止めることで平静な心を育てます。 最終日には、すべての人たちに対する慈悲と慈愛の瞑想を学び、コース中に育まれた清らかさをすべての人たちと共有します。

この修行は、心のトレーニングです。肉体の健康を保つために運動をするように、ヴィパッサナーは健康的な精神を保つためのものです。

真に人々の助けとなるこの瞑想法をそのままの形で伝え続けることには多大な注意が払われています。教えは、営利目的ではなく無料で提供されています。教えの指導に関わるいかなる人も、物的な報酬は一切受けません。 合宿コースは寄付のみによって運営されています。合宿の参加費用は、食費宿泊費を含め、一切請求されません。すべての経費は、コースを修了し、ヴィパッサナーから恩恵を受けた人たちの「他の人たちにもこの機会が与えられるように」との思いから行う寄付によってまかなわれています。

成果は、継続的な修行を通じて段階的に表れます。すべての問題が 10 日間で解決されることを期待するのは現実的ではありません。このコース期間においてヴィパッサナーの基本を身につけ、日常の生活で活かすことができるでしょう。この瞑想法の修行を続けることで、苦しみから自由になり、解脱という究極のゴールに近づくことができます。10 日間という短い期間でも、日常生活における明らかな恩恵を実感するでしょう。

誠実な人であれば誰でもヴィパッサナーコースに参加し、瞑想法がどのように役立ち、どんな恩恵を与えるかを自ら検証することができます。コースに参加する人はみな、ヴィパッサナーという貴重な道具が、自身の力で真の幸福を手にし、またそれを他者と分かち合うことを可能にすることを発見するでしょう。.