ようこそ

「ものごとをありのままに見る」という意味のヴィパッサナーは、インドの最も古い瞑想法のひとつです。この瞑想法は2500年以上も昔、インドで、人間すべてに共通する病のための普遍的な治療法、すなわち「生きる技」として指導されました。ヴィパッサナー瞑想に関するさらにくわしい説明は、 ゴエンカ氏によるヴィパッサナーについての説明および ヴィパッサナーに関する質問と回答をご参照ください。

ヴィパッサナーは十日間の合宿コースで指導されます。参加者は、ここで瞑想法の基本を学び、この技の恩恵を実感できるように十分に実践します。 合宿コースは寄付のみによって運営されており、合宿の参加費用は食費、宿泊費を含めて一切請求されません。すべての経費は、コースを修了し、ヴィパッサナーから恩恵を受けた人たちの「他の人たちにもこの機会が与えられるように」との思いから行う寄付によってまかなわれています。

コースと場所

コースは数多くの瞑想センターで行われており、センター外のコースもあります。また、コース開催地ごとにコース日程が決められています。コースへの参加申し込みは、Webでのオンラインにて行うことが可能です。 インドおよびアジア諸国には多くのセンターがあります。北米 には10 のセンター、中南米には 3 つ、ヨーロッパには 7 つ、オーストラリア/ニュージーランドには 7 つ、中東 には 1 つ、そしてアフリカには 1 つのセンターがあります。

現地のボランティアによるセンター外の 十日間コースが、多くの場所で開催されています。世界中のコース地リスト・アルファベット順 そして、世界各国およびインド/ネパールコース地の地図をご覧ください。

特別コースおよび資料

ヴィパッサナー瞑想は、刑務所でも教えられています。 また、企業経営者や政府高官を対象としたヴィパッサナーの特別十日間コースは、世界の複数のセンターで定期的に実施されています。詳細は、特別コース・ウェブサイトをご覧ください。

ヴィパッサナー瞑想に関する情報は、他の言語でも読むことができます。トップページの右上にある言語選択オプションをクリックしてください。